必要書類は「不要」であっても全て揃えておく

本人確認書類や収入証明書などの書類は、キャッシングを申し込む際には必ず提出が求められています。しかし今は一定金額以下の借り入れであれば収入証明書が不要というところも出てきており、今まで以上に気軽に申し込めるようになっています。
本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、健康保険証といったものが該当します。基本的にどれでもかまいませんが、中でも若干キャッシング審査に有利なるのは健康保険証です。健康保険証は職業によって加入できる種類が違うため、どの健康保険証を持っているかで収入の度合いをある程度測ることが出来ます。評価が高いのが「公務員共済健康保険証」と「社会健康保険証」です。それ以外の保険証はマイナスになることはありませんが、取り立てて有利になるということはないようです。
収入証明書とは、過去一年間にどれだけの収入を得たかを記した書類のことです。会社員などは源泉徴収票、自営業の方は確定申告書の控えや納税証明書などが収入証明書として利用できます。まだこれらをもらっていないのであれば直近数カ月分の給与明細書を提出することが出来ます。最近では一定額以下の借り入れであれば、収入証明書が不要となっているところもあります。収入証明書の提出が不要となるケースは、1社での利用限度額が50万円以下である場合と、複数社での合計借入金額が100万円以下の場合です。
しかし収入証明書が不要な金額を借りる場合でも、必要書類とされているものは全てそろえておきましょう。審査時に何らかの理由で提出を求められるケースは少なくありません。そんな時、書類がそろっていないと、それを手に入れるのに余分な時間が発生してしまいます。スムーズに審査を行うためにも、きちんと用意しておきましょう。

キャッシングの繰り上げ返済は効果あり

毎月決められた返済額だけを返済していたのではキャッシングが長引いてしまいます。
繰り上げ返済などを利用しながら積極的に返済をしていきましょう。
毎月の返済額は、最低返済額が決められています。
最低返済額というのは文字通り、最低限返済しなければならない金額です。
そのためそれ以上の返済をすることは自由となっています。
消費者金融では返済にも自由度があることが特徴でもあります。
最低返済額は少なく設定されています。
10万円の借り入れ残高では消費者金融の場合、最低返済額が4千円から5千円程度です。
毎月の負担は少ないものの、これではキャッシングが長期化します。
少しでも余裕があるときには繰り上げ返済を利用していきましょう。